平成30年度被災地域販路開拓支援事業「小規模事業者持続化補助金」~7月豪雨対策型・追加公募分~

平成30年7月豪雨により被災(直接的・間接的)された小規模事業者が、商工会と一体となって、経営計画を策定し、販路開拓などの事業再建に取り組む費用を支援する補助です。

「新しい機械を入れて事業を再開、これまでに逃した受注を取り戻したい」
「被災した店舗が元に戻るまでの間、移動店舗で消費者ニーズに応えたい」
といった事業者さん、ぜひ支援を受けられてはいかがでしょうか。

補助対象者

平成30年7月豪雨により影響を受けた小規模事業者(間接被害を含む)

補助上限額

200万円(補助率3分の2)

受付締切

【第2次受付締切】平成31年4月10日(水)

補助対象となり得る取り組み

  1. 販促用チラシの作成・配布
  2. マスコミ媒体での広告・WEB広告
  3. ネット販売システムの構築
  4. 商談会、見本市等への出展
  5. 商品パッケージの改良
  6. 事業遂行に必要な機械装置の購入
  7. 移動販売、出張販売等の車の調達
  8. 店舗改装
  9. 新商品の開発

など。

※災害復旧のみは対象になりません。

詳しくは全国商工会連合会WEBサイトを参照ください。平成30年度被災地域販路開拓支援事業「小規模事業者持続化補助金」<平成30年7月豪雨対策型・追加公募分>の公募開始について(全国商工会連合会)

経営計画書の作成や確認項目が多いので、地域の商工会へ問い合わせてみられるのが最もわかりやすいです。